ポケットwifi 安い ドコモ

スマホでも有名なドコモはポケットwifiと呼ばれる、家でも外出先でも利用できるモバイルルーターの販売も行っています。ただし、ドコモのポケットwifiのデータ通信料金プランはスマホと同様、高いと有名です。それは、なぜなのでしょうか。
また、ドコモのデータ通信回線を使う、ポケットwifiのデータ通信を安い料金プランで契約する方法はないのか考えてみましょう。

 

 

ドコモのポケットwifiの料金プランが高い理由

 

ドコモが販売しているポケットwifiを契約した場合の料金プランを紹介します。
ドコモのポケットwifiの月額料金はドコモのスマホの料金同様、3段階からかかります。

  • 基本プランのデータプラン(2年契約)1,200円
  • インターネット接続サービスプロバイダのmoperaUシンプルプラン200円
  • パケットプランの料金

最後のパケットプランの料金は自分の月間に使用する通信データ量に合わせて選択し、契約することができます。このときもし、ドコモのスマホを使っていれば、パケットプランの通信容量をスマホとポケットwifiとで分け合うことができます。

 

パケットプランを月の容量が2GBと最も少ない安い、パケットパックデータSパックにすると月額3,500円で利用することができますが、それでも月額料金4,900円と高価です。
ネットで動画を見たり、ネットゲームをするなら月30GBはほしいところです。そのためには、パケットプランがウルトラパックのLLプランになり月8,000円もかかります。すると総月額料金は9,400円となります。容量が大きいプランに関してはさらに高額ですし、容量が無制限のプランもありません。

 

さらに、月額料金で使用できる通信量以上を使うと速度制限がかかり、128Kbpsまで速度が遅くなります。これはネットで動画を見たりネットゲームをすることが快適にできない速度となります。
速度制限を解除するためには、データ容量を1GBずつ1,000円出して購入しなければなりません。データ量を1GB(1,000円)ずつ都度追加することで快適な通信は維持できますが、かなり高額になります。

 

以上のことからドコモのポケットwifiを契約すると料金が高いのです。

 

ドコモのモバイルルーターはドコモの回線を使用しているので通信エリアが広いですし、LTEエリアのほか山間部などのつながりにくいエリアでもLTE 800MHzエリアで快適に通信が可能なので、日本中を飛び回っている人にはおすすめですが、他の人には利用料金が高く、勧められません。

 

業界最安級のポケットwifi「Broad WiMAX」の公式ページを見てみる

 

ドコモの回線を安い料金プランで使うには

 

スマホで有名な格安SIMでは、ドコモの回線を使っている会社が複数あります。格安SIMでドコモの回線を使っている会社のSIMカードを契約して使えば、ドコモの回線を安い料金プランでつかうことができます。
ただし、格安SIM会社はキャリアに比べて安いとうたっていますが、それはデータ量が少ない料金プランのみです。データ量が多い料金プランになると高くなるので、格安SIM会社と契約する時はそこを注意した方がよいです。
今回はデータ量無制限で使い放題をうたっている、格安SIM会社であるスマモバのポケットwifiを紹介します。

 

 

スマモバとは

 

スマモバもドコモのLTE回線を使っている、格安SIM会社です。
ドコモの回線を使っているので、エリアを気にせず快適にインターネット通信ができます。しかし、3日で3GBを超える通信を行うと、3日間の使用容量が合計で3GB以下になるまで200kbps以下の速度制限がかかります。
また、速度制限をされていない場合でも、時間帯によってはYouTubeの通常画質動画を見るための通信速度1Mbps(1,000Kbps)を下回る時があるため、快適に使えない場合があります。
スマモバと契約すれば月額料金3,980円にて、ポケットwifiが使えるのでドコモと契約するのに比べて格安ですが、速度など快適性がいまいちなため、お勧めとは言えません。

 

 

おすすめのポケットwifi

 

以上、ドコモのポケットwifiとドコモ回線が使える格安SIMのポケットwifiを見てきましたが、料金と快適な通信状況のどちらかの満足になってしまい、両立ができていません。
そこで、料金と通信容量どちらも備えたポケットwifiとしてWiMAXを紹介します。

 

 

WiMAXとは

 

auと同じKDDI系列のUQ WiMAXが提供するポケットwifiです。
UQ WiMAX以外にも複数社販売代理店としてプロバイダがいるため、プロバイダ間でキャッシュバックや月額料金の割引など様々な価格競争が行われています。
結果、WiMAXを安い料金で使うことができます。ただし、安い料金のプロバイダでも使っている回線や、容量、速度は変わらないので安心です。
WiMAXではギガ放題という通信容量が実質無制限の料金プランを契約することができます。
実質無制限というのは、3日間で10GB以上データ量を使うと速度制限がかかりますが、制限がかかっていてもYouTubeの通常画質を快適に見れる1Mbpsの通信速度は出ます。また、3日間で10GBという容量はYouTubeを連続40時間以上見られる容量なので、なかなか容量いっぱい使うのも難しいです。なので、実質通信容量が無制限といえます。

 

WiMAXのプロバイダの中でも、キャッシュバックをせず、その分月額料金を安くしているプロバイダのBroad WiMAXと契約すると月額料金が3,411円で通信容量無制限のギガ放題プランでポケットwifiを使えます。
エリアも人口カバー率も90%なので、ドコモには劣りますが、そこまで不自由ではないと言えます。
安い料金と快適な通信状況どちらもそろえたポケットwifiとしてWiMAXはおすすめです。

 

業界最安級のポケットwifi「Broad WiMAX」の公式ページを見てみる